妻の独り言
旦那様の都合でニュージーランドに住む事になった英語が分からん!でもオーバーアクションは大得意の妻のカルチャーショックというか「ありゃ〜」・・・そして何より子供はいないが暇な時は知人の子供のナニーになる?そんな妻の日常をのぞいてみたい、物好きな方は是非どうぞ。
番外編:ニュージーランド妊婦生活
更新が遅くなったりしたのは他でもない!?妻の予定外の妊娠発覚でございました (言い訳か?)
妊娠生活やその他色々、人によって様々なので妻が体験中の妊娠生活をつづっております。
 
ニュージーランドで妊娠したら?

ニュージーランドで妊娠した場合、一体どうすればいいのか、戸惑いますよね。
そこで、簡単ながら妻の分かる範囲で一覧にしてみました。
間違えている場合もあると思いますし、こうゆうのもあるよ、というのがあれば是非教えてください。
もしくは、最近出産した方の情報などがあれば大変嬉しいです。
初めての出産でナーバスになっている妻の心の支えになります〜〜(へタレ妊婦です)

【ニュージーランドでの出産費用について】
ニュージーランドの市民権・永住権保持者、ワークビザ(最低2年の期限のもの)保持者は出産費用が無料になります。
それ以外だと出産費用は有料になります。

【ニュージーランドでの出産の特色】
ニュージーランドでの出産はミッドワイフ(助産婦)が主導で行ないます。
また、妊婦は様々な選択権が委ねられています。どこの病院で産みたいのか、自宅出産するのか、ミッドワイフは誰にするのか、無痛分娩にするのか、etc・・・
もちろん、ミッドワイフと相性があまり良くないとか思っているなら途中でミッドワイフを変更する事も出来ます。
日本ではポピュラー?な会陰切開は基本的にしないそうです。会陰切開する時は・たまたまさけてしまった・切開しないと無理そうな時位だそうです。
また、自宅まで来てくれるミッドワイフもいれば、自分で指定された場所に赴く場合もあります。妻のミッドワイフとのミーティングは基本的にマタニティ・ホスピタルで。あまり回数はないですが妻の家まで来てくれる時もある、です。

ちなみにクライストチャーチで普通分娩以外の分娩、緊急事の手術等が出来るのはクライストチャーチ・ウーマンズ・ホスピタルのみです。出産は何時、何が起こるかわからないので不安であれば最初から出産する病院をクライストチャーチ・ウーマンズ・ホスピタルを選択しておくと安心できると思います。バースケアは他の病院を選択してもいいのだしね。

2004年12月6日の新聞から:
カンタベリー地方での出産について。
病 院 名
Christchruch Womes's 78%
St.George's 11%
Burwood 4%
Ashburton 2%
Lincoln Less than 2%
Rangiroa Less than 2%
Home Less than 2%

【基本は立会い出産】
ニュージーランドでの出産の基本は立会い出産のような気がします。これについては一概には言えないけど、周囲のKIWIは皆立ち会い出産をしていますし、当然でしょ、見たいな感じでしたね。

【色々なのね、妊娠生活中の食生活と体重管理】

妊娠生活中の食生活。日本だったら特に何も言われないと思いますが、ニュージーランドでもらった冊子にはAVOID FOOD(妊娠期間中避けた方が良い食べ物)なるものが表記されています。
例えば魚貝類(生もの、加工してあるもの)、すでに加工しているサラダ、etc・・・あまり神経質になるのもアレですが、確かに衛生上や鮮度を考えたら何となく納得できる物がたくさん・・・。
また、体重管理についても特に何も言われません。なので注意しないと太る〜〜〜。日本の妊娠・出産系のホームページをチェックしては太り過ぎないように気をつける毎日です・・・。

【両親学級は旦那さん&パートナーと参加】

ニュージーランドでの両親学級は基本的に旦那、もしくはパートナーと出席します。妻が行った両親が急では旦那さんが欠席するケースはあまりなかったですね。たまに体調が悪くて、というケースがありましたが。それ以外は1回だけ出てずっと来ないカップル位でした。基本的に皆毎回出席できるようにしているんだな、という印象。
また、ミッドワイフとミーティングくらいでしかマタニティ・ホスピタル行かないし、逆に妊婦さんとバッティングする事ってあまりないから両親学級でたくさんの妊婦さんを見るのは結構圧巻されるというか。
妊娠してから産後までの流れを全8回で教えてくれます。

【色々なのね、出産のタブーって】
ミッドワイフから聞かれた質問『日本人に出産でタブーってあるの?』でした。妻も夫も特に何もないので『ありませ〜ん』で終わったけど、というか、なぜそんな事を聞かれたのか驚いて聞いてしまいました。『出産にタブーなんてあるの?』って。そしたら、マオリの女性は帝王切開を嫌がる人が結構いるという事をききました。マオリの女性のタブーみたいなものだそうです。他に○○の国の人はコレがタブーだったりするのよ、と教えてくれました。国名も何がタブーだったのかも忘れたけど・・・。あと宗教的な事もあるみたいです。なるほどなぁ、個人が尊重されてるな、と改めて実感した瞬間でした。

【マタニティ・ウェアって】
さて、お腹が膨らみだすと同時に欲しくなるのがマタニティ・ウェア。
ベビィ服売り場に付け足して売っていたら、マタニティ・ウェア専門店みたいな所で買ったりと様々ですが・・・。
まぁ正直な話、日本のマタニティ・ウェアを送ってもらった方が日本人の体系には合うんじゃないかな?と思う・・・。
コチラの国でも無くはないけど、結構お値段が高いし。季節が逆だからこその裏技?バーゲンで安く買ってもらうという手も。(ちなみに妻はコレだった)
友人は、友人の旦那の服を借りたり、SAVE MARTで大き目のサイズの服(もちろんウエストゴム)を買ったりして特にマタニティ・ウェアを必要としなかったそうですが、サイズが合えばそれもアリだと思います。
ちなみにSAVE MARTでマタニティと書いたコーナーがあったけど、そんなに充実してるわけではないというのが感想。『・・・・これは単にサイズがでかい人用なのか!?』と思うような品があったりして・・・。
こちらで売られているマタニティ服って体の線が出るのが多いです。

・・・そういえば日本で言う腹帯はこちらで見かけたことがないです。

【番外:パイプカットがポピュラー】
出産とは本当に関係ないけど。
もう既に子供がいて、これ以上はちょっと子供は無理、と思った場合に ニュージーランドでは避妊方法の1つとしてパイプカットがポピュラーです。
もちろん避妊方法は他にもたくさんあります。ピルだってアリ、コンドームだってアリ、リングだってアリですが、夫婦で子供もいて、これ以上の子供を望まないのであれば女性の体の負担を考えて旦那さんがパイプカットをするそうです。妻の周りだけかなぁ?一概には言えないですけど・・・。
日本男児の夫はカルチャーショックだったみたいですが、奥さん(女性の体への負担)の事を考えたら当然だ!という友人夫の熱弁に納得したのか、これ以上子供は・・・という人数になったらパイプカットする、という考えに変わりました。実際にするかどうかはまだ先のお話なので分かんないけど。

妊娠したかも・・・? ・薬局で売られている妊娠判定薬を試す
・GP(かかりつけ医)に行く
・マタニティ・ホスピタルに行く
妊娠が分かったら 大体妊娠3ヶ月位までにLMC(Lead Maternity Carer)を決める
・ミッドワイフ(助産婦)
・チーム・ミッドワイフ(固定のミッドワイフではなくてチームで見る)
・スペシャリスト
定期健診は? 妊娠初期は大体1ヶ月に1回。妊娠中期に入る頃から3週間に1回と、徐々に会う回数が増えてきます。
・体重測定
・尿検査
・血圧
・血液検査(これは毎回ではない。妊娠初期に1回、中期に1回、後期に1回

定期健診の時に緊急ではないけど聞いておきたいことは随時メモしておいて質問しましょう!咄嗟に単語って出てこないし、妊娠して初めて知る単語って多いと思います。
ちなみに緊急の時はもちろん、聞きたいことはいつでもミッドワイフに電話して質問出来ます。
超音波検診 超音波検診は妊婦と胎児の状態によって回数が違います。周りは2回ほどしている人がおおいかな?という感じですが。
性別は聞けば教えてくれます。
ちなみにこの時の検診した画像(というのか?レントゲンとか取る時とかに見るペラペラしたプラスチックのやつ)はもらえます。しかし一体どうやって保管しろというのだろうか・・・
両親学級 基本的に両親で受けます。全部で8回、1回2時間半の講義です。旦那・パートナーと一緒に受講する、というのが基本的な姿勢。あまり妊婦一人で受講しているというのは見た事ないです。日本で言う母親学級の事だと思いますが・・・。日本で妊婦経験ないから日本の母親学級が分かんないのです〜〜〜。

気が付いた事があれば、その都度更新していく予定です。
また、これからどんどんと追加していく予定です。今、妊娠は現在進行形なので(笑)
もしくは、これはこうだよ〜、という訂正があれば教えてください。

更新日:2004−12−8

 
管理人よりご挨拶
このサイトはニュージーランドでしか役に立たない?(知っていて損ではないけど日常では役に立たない)特にファームの生活に視点をおいたB級情報を集めてみました。
このホームページ上にある内容で私の説明不足、勘違い等ありましたらご連絡ください。
また、あくまでも私個人の視点で編集してますのでご了承ください。
 
Copyright©NZ MINOR INFO All Rights Reserved.